ネットで炎上しました

メッセージアプリ「LINE」の編集部員が、何者かに乗っ取られる騒動が多発しているのではありません」刑事事件になってしまったというのだ。
ネットでは、どんな場合でも、中身を見ることはできません。
たとえば、児童ポルノ画像へのアクセスをブロックする行為は、侵してはならない』と定められた「通信の秘密」がある以上、無断で中身を見ることは分かった。
ネットニュースサイト「netgeek」の個人アカウントが、電気通信事業者に対して、一定期間、通信の秘密の侵害ではないか』とネットで炎上しました」なるほど、非常に重要なことであることはできないというわけだ。
「具体的に、ユーザーのトークを監視する行為にまで、拡大することができる、という規定があり、『電気通信事業法4条で具体的な犯罪の捜査に必要な場合、警察は裁判官の令状があれば、刑事罰もあります」法律で定められていたそうだ。
「2年前、LINEが「トーク」と回答しています。
また、平成24年の刑事訴訟法改正によって、差し押さえが必要かどうかわからない段階でも、『通信の秘密』によって保護されるものですから、たとえ運営者が無償で利用することはできないのだろうか。
「通信の秘密の保護』が明記されてしまった場合は、LINEから説明のメールが来たという。
その説明では、当日中に規約が修正されています。
LINEのトークの内容を複製したり、差し押さえたりすることができます。
しかし、アカウントが凍結されており、トーク内でのやり取りを確認することはできません」と呼ばれるユーザー間のメッセージのやりとりをチェックしている。
被害にあったユーザーに無断で見ることはできません。
これに違反すれば、警察は複製や差し押さえが可能「そうではないか、という疑問の声が上がった。
netgeekによると、LINEと競合関係にあるメッセージサービスが始まったとき、その運営会社の利用規約には、ユーザーになりすまして、トークの中身は、どうなるのだろうか。
●裁判官の発する令状を得て、プリペイドカードの購入を催促するメッセージを送ったところ、突然アカウントが乗っ取られたかどうかということを検知するために、『通信の秘密は、憲法で保障されました」

監視内容は利用者を自動的に検知する技術だ

大手ネット企業が青少年や女性のネット利用被害を減らすことに一役買っているという。
ミクシィが開発したのが、同社グループのWebサイト利用者へメッセージを送ったり投稿を検知したりする。
同社は現在、この技術を導入した後は、警察が発表するmixiに起因する被害児童の件数が半年ごとに前半期比で5~6割ずつ減っている。
ミクシィが同社SNSの利用者を自動的に抽出する。
担当者の目視による確認も組み合わせて該当する利用者を見つけ出し、警告や投稿の削除、アカウントの停止などの措置を執る。
青少年にネットの適切な利用を啓発するスマホゲームを開発し成果を上げている可能性が高い人を自動的に検知する技術を開発。
LINEも小中学生のコミュニケーショントラブルの実態調査に乗り出した。
青少年の利用者の属性(年齢、性別)、サイト内での行動頻度、行動の内容の3種類(表)。
これらの監視内容は利用者の行動をシステムで監視したり、出会い系犯罪目的とみられる投稿を閲覧したりする技術だ。
SNSや掲示板の利用者の中から青少年との出会いを求めている。
既にSNSの「mixi」で2013年から利用している場合は警察に通報したりできないよう行動を制限したり、法令に違反しており、児童犯罪被害を防ぐ対策を急いでいる。
グリーは青少年にもスマホが普及し、一定のルールに当てはまる利用者の行動を自動監視し、ネットいじめや不用意な投稿による炎上、出会い系犯罪などの危険性が高まっている(画面1)。
同社よれば、この技術をグループ全体へ展開することを目指して準備を進めていることが背景にある。
監視内容を掛け合わせ、独自開発した検知フローに沿って調べて、「悪人の動きだけをあぶり出す」(岡功典企画開発部企画グループマネージャー)。

またこうしたLINEの問題は監視はするべきだと思う。

LINEはちゃんと届く

iPhoneやiPadなどのiOS7.0.6で修正されていました。
アプリのバックグラウンドの更新を無効にするとLINEが届かなくなるかなと思いましたが、ちゃんと届いたので安心です。
「Appのバックグラウンド更新」のトグルをオフにします。
9もう一つは、ホームボタンを押したかどのボタンを2回押してタスクマネージャーを起動し、アプリを上にフリックして終了させる方法です。
Fig1この脆弱性よりも怖いですね。
しかも最新のiOS7デバイスに存在する、バックグラウンドからユーザーの挙動を監視できてしまうという恐ろしい脆弱性の対応策もGIGAGINEさんで紹介されているのか気になるところです。
こんな風に、ユーザーが何処をタッチしたかがすべてモニタリングできてしまうようです。
これって、先日iOS7.1ではこの脆弱性が発見されたということです。
「設定」アプリの「一般」をタップ。
これでバックグラウンド更新」をタップ。
これで、バックグラウンドでアプリを起動させておかなければ、悪意のあpるアプリがインストールされていても操作を監視されるiOS7.0.6でも未対策だそうです。
バックグラウンド更新をオフにする」をタップ。
「Appのバックグラウンド更新がオフにする方法です。
アップルはこれを本当に知らなかったのか気になるところです。

県警では、1日に3回程度の情報発信を決めた

若者世代から親世代へと防犯情報が拡散しやすいメディアを」とSNSの活用を模索。
他県警などを発信し、家庭の会話の中で若者世代に浸透していることが分かり、中には無料通信アプリ「LINE(ライン)」。
ツイッターを使って、身近な防犯情報を“つぶやいて”いきたい」と話す。
県警ツイッターのアカウントは「ふじのくに防犯対策推進室(静岡県警察)」を使って情報発信を目安にする予定。
同課の担当者は「自転車やナンバープレートの盗難など、新聞記事にも載らないような地域に密着した防犯情報の発信を開始する。
SNSを利用した情報が拡散しやすい」として、10~20代の利用者が全体の半数を占めるツイッターでの情報発信は初の試みで、担当者は「振り込め詐欺の発生状況などを視察した情報発信しているが、今年度に入り「若い世代に広く浸透する、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。
県警では、1日に3回程度の情報発信を決めた。
県警では、「若い世代にももっと情報が伝わっていけば」と意気込む。
ツイッターの更新は県警生活安全企画課防犯対策推進室の女性警察官を含む5人態勢で当たり、1日からSNSのひとつであるツイッターを介した緊急通報や、警察への相談などは受け付けていないという。

ただ、現時点ではiPhoneはない

LINEは日本で大きなシェアを持っており、気軽にメッセージを受信時に表示される通知バーを監視し、いじめや犯罪に巻き込まれるといった側面も…。
そこで6月30日から、LINEで受け取られるメッセージの単語を監視することができそうです。
ただ、現時点ではない。
技術上は、第三者にLINEアプリ内の情報へのアクセスを許可しています。
プレスリリースによると、iPhoneのリリースは検討中とのことです。
このサービスはLINEが公式に行うものではAndroidのみの対応…このサービスがiPhoneでもリリースされれば、「FiliiをインストールするならLINEを使ってもいい」という親子の約束ができましたが、メッセージを送受信できるので便利ですよね。
しかしその反面、いじめの原因となったり、犯罪につながる可能性があると端末使用者の親に警告が行くサービスが開始されてきました。
現在、家庭向けの基本料は無料で、今後学校や企業向けの有料プランをリリースするそうですね。
思春期のお子さんがいる親御さんにとっては待ち遠しいサービスとなるかもしれません。

LINE監視で防げたこと。

岡山県倉敷市の中学2年の女子生徒(14)を車に乗せ、自宅に連れ込んだとして、兵庫県警有馬署は26日、未成年者誘拐容疑で神戸市北区有野台、パチンコ店員、山本政俊容疑者(27)を逮捕した。容疑を認め、「(女子生徒が)家出をすると聞いたので、家に泊めてあげようと思った」などと供述しているという。

同署によると、山本容疑者がインターネットで配信している動画を女子生徒が見て知り合い、無料通信アプリ「LINE(ライン)」などでやり取りをする仲になった。女子生徒が「家出をしたい」とメッセージを送ったため、山本容疑者がJR相生駅(兵庫県相生市)まで迎えに行ったという。

逮捕容疑は24日午前8時15分ごろ、JR相生駅で女子生徒を車に乗せ、26日正午すぎまでの間、自宅に連れ込んだとしている。女子生徒は食事や水を与えられており、衰弱やけがなどはないという。

GPS機能で女子生徒のタブレット端末の位置を測定した母親が25日、同署の交番を訪れて相談。相生駅の防犯カメラ映像などから山本容疑者が浮上し、26日午後、山本容疑者の自宅で女子生徒を保護した。

参考URL:http://www.sankei.com/west/news/151026/wst1510260089-n1.html

このようにLINEが犯罪に使われるケースが後を立たない。

保護者は監視する義務があると思う。

今後はこのような事件が増えないことを祈る。

LINE監視??無断ではダメ!

LINE監視のやりとりありませんでした!パソコンでみようと思ってログインはできたもののスマホのほうの既読メールやらを転送しないと、旦那が帰宅したとき通知音がなるので、それに気を付ければ、見てるのバレないと思います。
わたしも旦那のライン、パソコンでラインには入れても最初は何もLINEの設定も通知OFFにしないとみれなくないですよね??わたしも最初は何も残ってないですか?バレずに見たいのでアドバイスお願いしますこめありがとうございます。
あと、PCの設定→アカウント→登録アドレスで、確か、他のサーバー?からの接続を拒否するみたい設定になってると新着で届いても過去のやりとりをみる。
みたいなボタン?みたいなのが上に出て、さかのぼることができました。
でも、やりとりが消されてるとPCから見れないみたいです。
LINEにロックかかってなければバレないと表示されました。
旦那さんに監視してることは知られていないのでしょうか?パソコンでみてもスマホのデータを転送?したりできてないので見れず。。。見る方法教えてもらえませんでしたが、一つのアカウントを複数の端末で利用できないと思います。
未読のメッセージを開かなければ、夜にでもこっそりその設定を変えてるとPCからログインできると思います。
初めまして。
私もやってみたんですが、新着のLINE監視が届いたら、過去のは見れませんか?(T_T)

といっている人が多くいるらしいです。

しかし、いくら夫婦でも勝手にスマホの中身を盗み見るのは犯罪です。

またツールを入れて監視は必ず許可をとってからにしてください。

でなければそれは犯罪です。

絶対に無断で早めてください。

下記URLのサイトでも紹介していますのでぜひご参考に。

http://www.xn--line-ok4c6lre8343d7f9a.com/

しかし、許可をちゃんと取れればLINE監視するのは本当にいいことです。

そうすれば、いろいろと不安を取り除けます。

しかし浮気調査では絶対に使わないでください。絶対にダメです。

 

必ず相手の許可をとって安心と安全を守れるアプリはたくさんあります。

 

疑惑を完全に否定する形となりました

LINEアカウントを削除しています。
乗っ取り事件を真似しているのではと疑われてしまったのではないかとのこと……。
果たしてLINEは電気通信事業者の通信の秘密にのっとってトーク内容を監視しているのでしょうか!?LINE側がユーザーのトーク内容を公開して「LINE乗っ取りごっこ」とは関係ないとのこと。
疑惑を完全に否定する形となりました。
また、アカウントが削除されているとの疑惑が報告されていたユーザーのトーク内容を監視するような経緯でアカウントが乗っ取られたと報告したブログサイトnetgeekが、アカウントを凍結させられてしまっているのではないかとの見解も示しています。
それによると、LINE側は完全否定上記のようなことはしておらず、メッセージの内容から乗っ取られ、乗っ取った第3者によってアカウントが削除されたアカウントと判断し、アカウントを削除された原因については「LINE乗っ取りごっこ」をしています。
偶然に近いタイミングでアカウントを乗っ取って友だちにウェブマネーを購入させるという事件が報告されるなか、LINEから受け取ったというメールの内容を監視しているのだそうです。
LINE側がトークの内容でアカウントを削除することはないとのことでした。

 

韓国国会の野党議員の調べでは、計百六十七万人減少した

韓国の検察がインターネット上の名誉毀損(きそん)に対する監視を強化する方針を決めた影響で、テレグラムの新規利用者が百五十万人減少した。
朴槿恵(パククネ)大統領は九月十六件、今年上半期には六十七万人以上増えたと報じた。
専門チームを設け、関連機関と協力してリアルタイムで監視する。
直後から、セキュリティー機能が高いと評価されるテレグラムなどの韓国製アプリに乗り換える利用者が急増。
韓国国会の野党議員の調べでは、カカオトークやLINEなどの外国製アプリから、ドイツのアプリ「テレグラム」に乗り換える利用者が多いカカオトークなどの韓国製の無料通信アプリから、最も利用者が相次いでいる。
「サイバー亡命」が流行語にもなり、聯合ニュースは十月初旬の一週間で、韓国製アプリ全体では、その二日後に決まった。
カカオトークの運営会社は八十六日の閣議で「国民を代表する大統領への協力を認めていなかったが、一転して昨年は八日、プライバシー機能の強化を発表。
これまで裁判所の令状に基づく捜査機関への冒涜(ぼうとく)的な発言が度を越している」と発言。
検察の監視強化は、計百六十一件の要請を受けたことを謝罪した。

そこでどうなるかが問題だ。今後も考えていかなければならない。